• markun5

将来を決定する大きな要因は小中学校の底力

 中室牧子さんの「学力の経済学」にも書かれているんですが、元々の能力が将来を決定づけるという話で、例えば、第一志望の大学に合格して就職した場合と、その大学の受験に失敗してレベルの低い大学に行ってから就職した場合と、結果的に就職先のレベルがそれほど変わらないということなんです。もちろん、就職してからの収入などもそれほど変わらないということなんですよね。


 また、これは、自分より年齢が高い人の方が実感できると思うのですが、以前は「高卒で就職するから」という理由で商業高校や工業高校に進学する人も結構多く、そういう人たちって、ちょっと言い方は悪いですが、あまり学力の高くない大学に行った人よりもちゃんとしたところに就職していたりしていました。もちろん、これは今でもそうで、まだ上の高校に行ける子が「私、高卒で就職するから」という理由で商業高校に行って、結局、役所関係に就職できています。

 他にも自分の地元の高校でいいからと阿寒高校に行った子でも、元々底力がある子なので最終的に銀行に就職が決まった、というケースもあります。


 また、別な角度から見ても、就職試験用に一流企業でも行っているSPIというものがあるのですが、ここで出題される問題は、ほとんど小中学校レベル。ただ、問題量が多く、早く正確にこなすことが求められているのですが、結局、小中学校のときの底力がしっかりしていなければ合格しづらいというものなんですね。


 もちろん、高校や大学に行ってから、才能を開花させる子もいるとは思いますが、そうなるためにも、おそらく、小中学校の底力が必要であろうと思います。


 となると、将来を決定づける一番大きな要因は、小中学校までに身に着けた底力だ、と言えると思います。そして、高校、大学はその延長線上にあると考えておけばいいということです。ですから「まだ、小中学校だから」と安易に考えていると、躓きが将来に大きく影響してしまう可能性がある、と考えていてください。

30回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

知識をコンピューター任せにしない

コンピューターが普及し始めたころ、こんな話が出始めました。 「知識はコンピューターに任せて、我々人間は考える方に力を向けよう」。 現在の教育の現場でも、知識を与える以前に、やたらと「考えよう」が連発されていて、どうも、そういう傾向が強いのではないかと感じます。 ところが、実際に蓋を開けてみると、知識がなければ、どこから問題に手を付けていいかが分からない、どうやって知識を得られるのか分からない、とい

中1 2月学力テストの平均点

前にあげた中2の学力テストと同じ、北海道全地域で行われている学力テストで、釧路の某中学校の平均点が分かりましたので、参考にアップしておきます。 中1ですから、中2と同じ、1科目100点満点で、合計500点満点のテストです。 国語 52.8 数学 27.8 社会 43.3 理科 43.5 英語 57.3 合計 223.5 国語の平均が低めであることから、全体的に学力の低めの中学校ということが分かりま

図形認識力を確認しておきましょう

少し前に話題になった「ケーキを切れない非行少年たち」という本をご存じでしょうか? 内容をかいつまんで言うと「非行少年の中には、本来、こういう子供たちが問題行動を起こす前に、障碍者として手を差し伸べてあげなければならない子がたくさんいる」という話です。そして、その本の最初に出てくるのが「図形認識力」。非行少年に絵を写し書きさせると、点と線のつながりがおかしくなってしまう例が記されています。 それで、

 

購読登録フォーム

©2020 by お母さんのための進学講座。Wix.com で作成されました。

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now