• markun5

図形認識力を確認しておきましょう

 少し前に話題になった「ケーキを切れない非行少年たち」という本をご存じでしょうか? 内容をかいつまんで言うと「非行少年の中には、本来、こういう子供たちが問題行動を起こす前に、障碍者として手を差し伸べてあげなければならない子がたくさんいる」という話です。そして、その本の最初に出てくるのが「図形認識力」。非行少年に絵を写し書きさせると、点と線のつながりがおかしくなってしまう例が記されています。


 それで、自分は、この内容を読んだときに、ちょっとドキッとしたんです。というのは、実は自分、「くしろ子ども未来塾」で、算数講座を担当していて、そこで、子供さんにテストをやらせているのですが、そのテストの「図形の写し」の問題の正答率が、思った以上に低いのです。だいたい、受験者の半分くらいしかできないんですよ。

 具体的に、どんな問題か、というのは、次のページを参考にしてください。ここに出ているプリントの真ん中に書かれている「左の図を右の方眼紙に書き写しなさい」という内容です。

運筆|プリント小路 (fc2.com)


 この「図形認識力」、非行少年の例でも分かるように、周りの人間がなかなか把握しづらいんですよ。話をしている分には普通なのですが、実際にテストの問題で出てくるとできない。こういうタイプの子が思った以上に多いんです。

 さらに言うと、漢字やアルファベットなど、文字も正確に言うと「図形」ですから、ここが弱いと、文字が身に付きづらい子になっている可能性があるんです。当然、学年が進んでいくと、徐々に周りからおいていかれてしまうという可能性もあるんですね。


 そして、本の中では、最後に矯正方法についても書かれているのですが、その方法はやはり訓練です。リンク先のプリントのようなものを実際にやらせて練習させながら、直していくということですね。その方法で実際に効果も出ているようです。


 ですから、子供さんに実際にプリントをやらせてみて、もし、できていないようならば、遊び感覚で練習させてみてください。

14回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

知識をコンピューター任せにしない

コンピューターが普及し始めたころ、こんな話が出始めました。 「知識はコンピューターに任せて、我々人間は考える方に力を向けよう」。 現在の教育の現場でも、知識を与える以前に、やたらと「考えよう」が連発されていて、どうも、そういう傾向が強いのではないかと感じます。 ところが、実際に蓋を開けてみると、知識がなければ、どこから問題に手を付けていいかが分からない、どうやって知識を得られるのか分からない、とい

中1 2月学力テストの平均点

前にあげた中2の学力テストと同じ、北海道全地域で行われている学力テストで、釧路の某中学校の平均点が分かりましたので、参考にアップしておきます。 中1ですから、中2と同じ、1科目100点満点で、合計500点満点のテストです。 国語 52.8 数学 27.8 社会 43.3 理科 43.5 英語 57.3 合計 223.5 国語の平均が低めであることから、全体的に学力の低めの中学校ということが分かりま

将来を決定する大きな要因は小中学校の底力

中室牧子さんの「学力の経済学」にも書かれているんですが、元々の能力が将来を決定づけるという話で、例えば、第一志望の大学に合格して就職した場合と、その大学の受験に失敗してレベルの低い大学に行ってから就職した場合と、結果的に就職先のレベルがそれほど変わらないということなんです。もちろん、就職してからの収入などもそれほど変わらないということなんですよね。 また、これは、自分より年齢が高い人の方が実感でき

 

購読登録フォーム

©2020 by お母さんのための進学講座。Wix.com で作成されました。

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now