• markun5

釧路の公立高校の倍率(出願変更状況)

 2月12日に公立高校の第二回目の倍率(出願変更状況)が発表になりました。

状況は以下の通り。( )内は第一回目(出願状況)の数値です。


湖陵 理数科 1.5(1.5)倍 

湖陵 普通科 1.0(1.1)倍

  普通科・理数科合わせて +27(+42)名


江南 普通科 1.1(1.0)倍 +15(+ 4)名

北陽 普通科 1.0(0.8)倍 - 3(-35)名

明輝 総合科 1.1(1.3)倍 +27(+67)名

商業 全学科 0.9(0.9)倍 -11(-20)名

工業 全学科 0.9(0.9)倍 -13(-14)名

東  普通科 0.9(0.9)倍 -10(-13)名


 ただし、この倍率は推薦不合格者の再出願用の倍率と考えてください。一般受験の人たちは、もう出願変更はできませんから、倍率に関係なく、しっかり勉強を進めてください。

35回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

知識をコンピューター任せにしない

コンピューターが普及し始めたころ、こんな話が出始めました。 「知識はコンピューターに任せて、我々人間は考える方に力を向けよう」。 現在の教育の現場でも、知識を与える以前に、やたらと「考えよう」が連発されていて、どうも、そういう傾向が強いのではないかと感じます。 ところが、実際に蓋を開けてみると、知識がなければ、どこから問題に手を付けていいかが分からない、どうやって知識を得られるのか分からない、とい

中1 2月学力テストの平均点

前にあげた中2の学力テストと同じ、北海道全地域で行われている学力テストで、釧路の某中学校の平均点が分かりましたので、参考にアップしておきます。 中1ですから、中2と同じ、1科目100点満点で、合計500点満点のテストです。 国語 52.8 数学 27.8 社会 43.3 理科 43.5 英語 57.3 合計 223.5 国語の平均が低めであることから、全体的に学力の低めの中学校ということが分かりま

「十五少年漂流記」ジュール・ベルヌ著

フランス人の作家、ジュール・ベルヌが書いた「冒険小説」。原タイトルは「二年間の休暇」なので、そのタイトルになっている本もあります。内容は「船で遊んでいると、その船が流されて無人島に漂着してしまい、そこで、少年たちがサバイバル生活を始める」というもの。本当のお話はかなり長いのですが、簡略版で小学校の3,4年生でも楽しめる内容になっているものもありますから、本の選び方によっては早い段階で読める本です。

 

購読登録フォーム

©2020 by お母さんのための進学講座。Wix.com で作成されました。

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now